costco

コストコのハワイアンチョップドガーリックオイルがおいしい!使い方とレシピについて

Pocket

コストコで販売されているハワイアンチョップドガーリックオイルってご存知ですかー?

ペットボトルの中に刻みガーリックと、オイルが入っている商品です。

一度目にすると気になってしまい、初めてお見かけした時は購入しなかったのですが、自宅に帰りどうしても気になってしまったので後日購入しました(笑)

Sponsored Link

コストコのハワイアンチョップドガーリック

品番:11221

品名:ハワイアンチョップドガーリックオイル

原材料名:食用植物油脂、にんにく、乾燥にんにく、食塩、レモン濃縮果汁、ガーリックパウダー、唐辛子、胡椒、酢酸Na、グリシン、酸化防止剤(ミックスビタミンE、ローズマリー抽出物)、パプリカ色素、(一部に大豆を含む)

内容量:480g

賞味期限:容器に記載

保存方法:直射日光・高温多湿を避けて常温で保存

値段:899円

ハワイアンチョッブドガーリックを使うコツ

コストコで購入した、ハワイアンチョッブドガーリックは見た目の通り、ガーリックが入ったガーリックオイルです。

こちら、このまま使用するとオイルだけドバドバーって出てしまい、底に沈んでいるガーリックがなかなか出てこないのです(*>_<*)

使う前に容器を逆さにして使っても、やはりオイルとニンニクのバランスがうまく取れません!

そこで、初めからオイルとガーリックを別々の容器に入れて保存してみました〜

少し大変なのですがはじめに別々にしておく事で、後の料理でとても使いやすくなりますよ。

〈容器を別にする方法〉

①オイルだけを何かの器に取り出します

今回はボールを使用してみました!

②ガーリックを取り出す

元々のプラスチックボトルにはガーリックが残っているので、そのまま保存しても大丈夫ですが…

ガーリックは瓶に移したほうがスプーンですくいやすく使いやすいので、瓶容器に移します。

計量スプーンも入るので、使いやすいし測りやすいです。

ニンニクがドバーーーって入るのも予防できますv(●︎′皿`●︎)v

 

③オイルを保存容器に移す

ボールに取り出したオイルは、何かの容器に移して保存します。

今回は元々のペットボトル容器に戻しました。

 

ここまで、準備ができたら色々なお料理にお試しください❤︎

おいしいレシピ

ガーリックシュリンプ

フライパンにオイルとガーリックを温め、エビを入れて炒めるだけ!

簡単すぎるし、おいしいすぎる〜

これだけでは彩りも寂しいので、ブロッコリーも投入してみました。

お皿に盛り付けて完成!!

ガーリックが焦げちゃいましたね( ºΔº )〣

ガーリックは途中で入れた方が、焦げなくて良さそうですね(笑)

 

そして、今回使ったエビはこちら↓

コストコで購入したムキエビ!!

殻も背わたも処理してあるので、とても便利です!

しかも、エビ1匹がとても大きい♡

 

おつまみ枝豆

枝豆を炒めたことありますか??

すっごくおいしいんです!

今回はコストコのハワイアンチョップドガーリックオイルで枝豆を炒めてみました。

①フライパンに少量のハワイアンチョップドガーリックオイルを入れる。

②枝豆を適量入れる

ハワイアンチョップドガーリックオイルのガーリックと、鷹の爪をお好みの量入れて炒める

④完成

※鷹の爪は辛いのが苦手な方はなくても大丈夫です

風味がほしい方は醤油を数的たらすと、香ばしくなりますよ。

おつまみにおすすめです!

Sponsored Link

気になるカロリーは?

栄養成分表記 100gあたり

エネルギー 723kcal

タンパク質 1.5g

脂質    76.2g

炭水化物  7.8g

食塩相当量 2.5g

※推定値

おわりに

コストコで購入したハワイアンチョップドガーリックオイルはいかがでしたか?

ボトルごと保存・使用しても大丈夫ですが、オイルとガーリックのバランスを調整したい時は、別容器に移して保存するのがおすすめです。

ハワイアンチョップドガーリックは、ガーリックオイルなので色々なお料理にも合う万能調味料でした!

一度ぜひ試していただきたい調味料です。

 

 

おすすめ度:★★★★★

 

 

Sponsored Link

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です