costco

【コストコ】ジャーマンブラウンローフはまずい?食べた感想はおいしい?

Pocket

コストコのベーカリーコーナーに『ジャーマンブラウンローフ』が新登場していました!!

見た目は茶色くライ麦麦芽パンのようですが、材料にヨーグルトが使用されている少し変わったパンなようです。

今回は、コストコベーカリーで新発売の『ジャーマンブラウンローフ』について食べた感想をお伝えしていきたいと思います

Sponsored Link

コストコのジャーマンブラウンローフ

品番:93470

品名:ジャーマンブラウンローフ

原材料名:小麦粉、ヨーグルト、サワー種、ソルガム、大麦麦芽エキス、イースト、サワーモルト、小麦グルテン、ライ麦麦芽粉、焙煎小麦麦芽粉、食塩、ブドウ糖、植物油/pH調整剤、安定剤(グァーガム)、膨張剤、V.C、乳化剤

※一部に小麦・乳成分を含む

保存方法:直射日光・高温多湿を避けて保存

消費期限:加工日含め3日

内容量:2本

値段:698円(税込み) 1本あたり349円

※この製品は卵、そば、落花生を使用した設備で製造しています

ジャーマンブラウンローフを食べた感想

カット方法

まずは、ジャーマンブラウンローフをカットしていきたいと思います~

断面図はこんな感じです↓↓↓

ヨーグルトが入ってるためか、ほんのり酸っぱい香りがしてきます~

ちょっと鼻につく感じですね(笑)

中には麦芽が入っているようです。

食べた感想はまずい?

カットしたときはヨーグルトの酸っぱい感じの鼻につく匂いが気になりましたが、トーストすると全く気にならなくなりました。

軽くトーストすると表面がカリッとしておいしいです。

酸味が苦手な方はトーストしてから食べたほうがいいかも!

 

焼くとパンの酸味が和らぐので、色々トッピングしても美味しいですよ。

 

トーストしなくても、たまごパンならマヨネーズの酸味でごまかされるので子供でも食べてくれます。

 

フレンチトーストは魔法のパン♥どんなパンでもおいしくなります。

我が家では固くなってしまったパンはフレンチトーストにして食べています(笑)

 

バナナと生クリームで、おやつにしても◎

保存方法

量が多いのですべてカットして、パンの水分が逃げないように1つずつラップで包みます。

近日中に食べるなら、このまま冷蔵保存してもよいです。

今回はあまり食べてくれそうになかったので、保存袋に入れて冷凍保存しました。

パンは冷蔵保存より、冷凍保存がおすすめです!!!

Sponsored Link

ジャーマンブラウンローフのカロリー

栄養成分表示 100gあたり
熱量 258Kcal
タンパク質 9g
脂質 1g
炭水化物 55g
食塩相当量 1.4g

※この表示値は目安です

おわりに

コストコのジャーマンブラウンローフはいかがでしたか?

パンのまわりはハードなパンでしたが、中は思ったよりしっとりしているソフトなパンでした。

ヨーグルトが使用されているため、ほんのり酸っぱい香りがあり、食べてみても少し酸味を感じるので、酸味が苦手な方はまずいと感じてしまうベーカリーです。

我が子も酸味が気になり、あまり美味しくないといって食べてくれませんでした。。。

個人的には全然問題なくおいしくいただきました~♥

酸味が気にならない方は美味しいと思います。

余ってしまうときは冷凍保温がおすすめです!(我が家はすぐに冷凍しました~笑)

家族があまり食べてくれなかったので、次はリピなしなベーカリーでした。

 

おすすめ度:★★☆☆☆

 

Sponsored Link

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です