costco

コストコの骨つきLAカルビのおいしい焼き方は?食べた味の感想についても

Pocket

コストコよりLAカルビが新登場!

見ての通り味付けカルビですが、カルビの中に骨があります!

ついついテンションが上がってしまう、その見た目はさすがコストコさん!

そもそも、LAカルビとは英語で『側面』を意味するLATERALの『L』と『A』からとったとされています。

また、アメリカのLOS ANGELESのコリアタウンで骨つきカルビを側面が見えるようにカットし提供し始めた事が由来と言われているようです。

コストコのLA骨付きカルビはNEW ITEMですが、以前にも販売されていたことがあります。なので、2019年度新登場ってことになります。

 

今回は、LAカルビを食べた感想についてレビューします。

Sponsored Link

骨つきLAカルビ

品番:96678

品名:骨つきLAカルビ

原材料名:骨つき牛バラ肉(カナダ産)、タレ(醤油、砂糖、果糖ぶどう液糖、玉ねぎピューレ、梨ピューレ、にんにく、食塩、みりん、生姜エキス、コショウ、シーズニングミックス、玉ねぎエキス、ごま)、青ネギ、調味料(アミノ酸)、増粘剤(キサンタン)、カラメル色素、酸味料、原材料の一部に小麦を含む

※この製品は卵、エビ、カニを使用した設備で製造しています

保存方法:要冷蔵4℃以下

調理方法:味付け処理してあるので、フライパンなどで中心部まで十分に加熱してお召し上がりください

正味量:1297g

値段:3,865円(100gあたり298円)

賞味期限:加工日含め3日

おいしい焼き方

味がついているのですぐ焦げ目が付きますが、必ず中心部まで火を通してくださいね。

フライパンで焼く

LAカルビは甘めの味付けになっているため、火加減に気をつけないとすぐ焦げてしまうので注意してください。

お肉が長いのでフライパンギリギリの大きさです。

焼き加減はこんな感じ↓

お肉が大きかったり味がついていることもあり、火の通りにばらつきがあります。

 

下のように、カットして焼いた方が焼きやすいです!

それでも、焦げちゃう(*>_<*)って方!

そんな時はクッキングシートをフライパンに敷いて焼く!

中弱火でゆっくり焼きます。

お肉が薄いので、わりとすぐ火が通ります。

クッキングシートを敷いて焼くと、焦がすことなくしっかり焼くことができました。

 

 

グリルで焼く

中火くらいでゆっくり焼きます!

グリルの方がゆっくり火が通るためか、骨の髄まで火が入っている印象があります。

グリルで焼いた方が、全体的にムラなく焼くことができました!

ちょっと、写真はイマイチですが…(笑)

Sponsored Link

食べた感想

梨・りんごピューレを使用しているので、とてもお肉が柔らかいです。

味付けは醤油ベースですが、甘みがありお子さんでも好む味だと思います!

これなら、味もついていて焼くだけなのでバーベキューなどにもいいと思います。

ただ、骨があるので少し食べづらいです。

特にお子さんは注意した方が、よいと思います。

骨があって食べづらい!って思った方は、焼く前にあらかじめ骨をキッチンバサミでカットするといいです!

ひと手間加える事で、食べるときは骨を気にしなくていいので食べやすくなりますよ!

お子さまがいるお家は、先に骨をカットするのがおすすめです!

 

切り取った骨で出汁でるかな…?

おわりに

LAカルビは、醤油ベースのタレで味付けがされていて焼くだけでおいしいアイテムでした!

梨・りんごピューレを使用している事もあり、とても柔らかいお肉です!

夕飯にも、バーベキューにもおすすめできる一品です!!!!

ただ、骨があって少々食べづらいのがネック…

先に骨をカットする事で、食べづらさも解決できます。

 

おすすめ度:★★★☆☆

 

追記

2019年9月げんざいは、LAカルビは現在は販売終了となっていますので売っていないんです…( ;∀;)

コストコの商品の多くは再販があるので食べ逃してしまった方や、LAカルビがもう一度食べたい方!!再販を願いましょう!

 

Sponsored Link

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です