costco

【コストコ】バッファローチキンウィングは辛い?食べた感想はおいしい!

Pocket

コストコのデリカコーナーより『バッファローチキンウィング』が新発売となりました。

コストコのデリカチキンには、ロティサリーチキンハニーグレイズチキンが有名でとても人気がある商品です。

バッファローチキンウィングは、見た目が赤くとても辛そうでおいしいそうです。

付属のソースもついているので、味変も楽しめそうなので最後までおいしく食べられそうな予感。

今回は、コストコのデリカコーナーから新発売となった『バッファローチキンウィング』について、食べた感想についてお伝えしていきたいと思います。

Sponsored Link

コストコのバッファローチキンウィング

品番:96901

品名:バッファローチキンウィング

原材料名:鳥手羽元フライ(国内製造)、バッファローウィングソース、チーズソース、レモン、パセリ/増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、pH調整剤、乳化剤、酸味料、酒精、調味料(核酸等)、パプリカ色素

※一部に小麦・卵・乳成分・ゼラチン・大豆・鶏肉・りんごを含む

保存方法:要冷蔵4℃以下

正味量:891g(物により異なります)

値段:1,773円(税込)※100gあたり199円(税込)

消費期限:加工日含めて3日

※この製品はエビ、カニ、そば、落花生を使用した設備で製造しています。

バッファローチキンウィングを食べた感想

調理方法

『商品説明によると、アルミトレーのまま180℃のオーブンで30分程度加熱調理してください』とのことですね。

ただ、一度に食べきれない人は小分けにして調理するのがおすすめです。

今回は、トースターで調理してみました!

トースターだと、熱源が近いので焦げやすいので注意が必要です。

アルミホイルを上から被せて焼くと、焦がすことなく上手に調理できます。

20分程度焼くと中まで熱が入っている印象がありましたが、各家庭によってワット数などが異なるため中まで加熱されるように調整してください。

食べた感想は辛くておいしい!

そのまま食べても味が付いていておいしいですが、少し物足りない!?味かも。

そのまま食べると、辛さはさほど辛くなく食べやすいと思います。

チーズソース

付属のチーズソースを勝手にタルタルソースかと思って食べてたので、チーズソースだった事にビックリしていました(笑)

チーズソースは、チーズのコッテリした中に少し酸味があります。

チーズソースとフライされている手羽元をセットで食べるとこってりしていて胃がもたれそうな気がしますが、ソースに酸味があるのでさっぱりしてとても食べやすいです。

バッファローソース

真っ赤なバッファローソースは、辛さと酸味がちょうどいいバランスで、とてもおいしいです。

バッファローソースをたっぷりつけて食べると辛いと思います。

好みに応じてつけるソースの量は加減したほうがよさそうです。

バッファローソースは酸味があるおかげでサッパリして食べやすく、辛味が食欲をそそり癖になるおいしさです。

おつまみに最高(●︎´∀︎`●︎)‼︎

個人的には、バッファローソースがおすすめです❤︎

Sponsored Link

バッファローチキンウィングのカロリー

栄養成分表示 100gあたり
熱量 198kcal
たんぱく質 10.8g
脂質 13.3g
炭水化物 10.3g
食塩相当量 2.0g

※この表示値は目安です。

おわりに

コストコのデリカコーナーで新発売となった『バッファローチキンウィング』はいかがでしたか?

そのまま食べても味がしているので、十分おいしいです。

でも、やはり付属ソースをつけることで味変が楽しめて、なおおいしい!

チーズソースは、まろやかなチーズの中に酸味が効いていてサッパリとした味が楽しめます。

バッファローソースは、酸味と辛味のバランスが取れたソースで、おつまみに最高な味です。

ソースがついているので、色々な味が楽しめるのが嬉しい『バッファローチキンウィング』でした!

気になった方は、コストコのデリカコーナーをチェックしてみてください♡

おすすめ度:★★★☆☆

Sponsored Link

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です