costco

【コストコ】フレンチチョコレートクレープはまずい?おいしいおすすめの食べ方についても

Pocket

コストコで販売している『FRENCH CHOCOLATE CREPES』はご存知ですか?

置く場所は店舗によって違うかもしれませんが、私はマフィンメニセーズプチパンが置いてある市販のベーカリーコーナー近くで見つけました。

購入するのは今回で2回目です♪

手頃なサイズ感がお気に入りで、ちょっと一息甘いものが食べたい時などにあるとうれしいおやつです❤︎

今回はコストコで購入した、フレンチ チョコレート クレープについて食べた感想と、おすすめの食べ方についてお伝えしていきたいと思います。

Sponsored Link

コストコのフレンチチョコレートクレープ

品番:584169

品名:『FRENCH CHOCOLATE CREPES』 チョコレートクレープ

原材料名:クレープ(小麦粉、牛乳、砂糖、卵、バター、ブドウ糖、食塩)、フィリング(砂糖、植物油脂、チョコレート(低脂肪ココアパウダー、砂糖、ココアペースト)、デキストリン、低脂肪ココアパウダー、乳糖、ヘーゼルナッツペースト、脱脂粉乳)/安定剤(グリセリン、ソルビートル)、乳化剤(大豆由来)

値段:678円

内容量:600g(30g×20個)※1本あたり約34円

消費期限:購入日より約1ヶ月後

保存方法:直射日光・高温多湿を避けて、涼しい場所で保存

原産国:フランス

※本品製造工場では、くるみ・大豆を含む製品を生産しています。

※開封後はお早めにお召し上がり下さい

食べた感想とおすすめの食べ方

食べた感想

まずはそのまま食べてみました~

日本のもっちりとしたクレープとは異なり、やや硬めのクレープ生地です。

硬めのクレープなので、口の中でクレープが少しモサモサする感じがありますが、フィレングのチョコレートとは相性抜群です。

硬めのクレープなので、手で持って食べてもフニャフニャして食べづらい~ってことはありません。

むしろ、クレープが巻いてあり崩れないので、そのままパクパクと食べやすいです。

おすすめの食べ方は?

温めて食べる

袋にも記載されているのですが、600Wで10秒あたためるとより一層美味しいくお召し上がりいただけるとのことです。

実際に600Wで10秒あためて食べてみました~

クレープ生地のモサモサ感がなくなりました!!!

クレープとチョコが柔らかい口当たりになり、口の中でクレープとチョコとのバランスが良くなったように思います。

絶対に温めて食べたほうがおいしいです!!!

ちなみに、600Wで20秒温めると更にクレープ生地とチョコが柔らかくなり食べやすかったです。個人的には20秒温めたほうが好きです♥

チョコがとろ〜っとして、生地も柔らかくなっておいしいです(●︎´∀︎`●︎)

冷凍する

暑い季節には冷たいクレープもおいしいそう~と思い、冷凍して食べてみました!

想像していたのとは違い、あまりおいしくないです。。。

クレープの生地がさらに固くなりパサパサしていて、チョコが固くなっているので、全部がうまくまとまらない感じです。

好みによると思いますが、冷凍して食べるのはおすすめしません。

 

温めたクレープにバニラアイスをトッピングして食べると、暑い季節にも美味しくいただけると思います。

Sponsored Link

カロリー

栄養成分表示 100gあたり
熱量 462Kcal
タンパク質 6g
脂質 22g
炭水化物 60g
食塩相当量 0.66g

※この表示値は目安です

おわりに

コストコの『FRENCH CHOCOLATE CREPES』 チョコレートクレープはいかがでしたか?少し硬めのクレープ生地なので、温めて食べると生地が柔らかくなるので食べやすくなります。

細長い形をしているので、手で持って食べても食べやすく小さなお子さんでも自分で持って食べられるかもしれません。

温めて食べるのがおすすめですが、暑い時期はアイスクリームと一緒に食べてもいいかもしれません。

1本あたり約34円で食べごたえのあるおやつになると思います。

 

おすすめ度:★★★☆☆

味:★★☆☆☆

コスパ:★★★☆☆

 

 

Sponsored Link

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です