costco

【コストコ】ジャーマンポテトサラダはまずい?食べた感想とおいしいアレンジ

Pocket

コストコのデリコーナーより、ジャーマンポテトサラダが新登場しました!

デリのサラダコーナーにあります。

たっぷり入っているので、食べ切れるか不安ですがポテトサラダはアレンジが効くので、余っても問題ないと思い早速買って帰りました。

今回はコストコの新商品『ジャーマンポテトサラダ』を食べた正直な感想や余ったときのアレンジレシピについてもお伝えしていきたいと思います。

Sponsored Link

コストコのジャーマンポテトサラダ

品番:96564

商品名:ジャーマンポテトサラダ

原材料名:ポテトサラダ(じゃがいも、マヨネーズ、にんじん、玉ねぎ、砂糖、食塩、乳たんぱく、マスタード、醸造酢)、ザワークラウト(キャベツ、ワイン、食塩)、ベーコン、パセリ、こしょう/増粘多糖類、グリシン、酸化防止剤(V.C亜流酸塩)、酵素、発色剤(亜硫酸Na)、ウコン色素、香辛料抽出物

※一部に小麦・卵・乳成分・大豆・豚肉・りんごを含む

保存方法:要冷蔵4℃以下

内容量:1030g

値段:税込み998円

消費期限:加工日含め2日

 

コストコのジャーマンポテトサラダを食べた感想

まず驚きなのがベーコンがゴロゴロしている!!!

これでもかーーーって、ベーコンが乗っているのでテンションが上ります♡

そして、じゃがいもが粗めにマッシュされているのでじゃがいももゴロゴロしています。

 

では早速いただきます~

一口食べてみると。。。。

 

自分が作るポテトサラダより酸っぱい~!!!

 

原材料をよく見ると、ザワークラウトが入っていました。

 

ザワークラウトとは、ドイツの漬物のようなもの。千切キャベツを乳酸発酵させたもので、酸味があります。

このザワークラウトが入っているため酸味が強いポテトサラダになっているのです。

 

子供はこの酸味が少し苦手でした。。。

 

ちなみに『ジャーマンポテトは』はドイツの家庭料理のじゃがいもとベーコンを炒めたものをいい和製英語なのです。

『ジャーマン』は『ドイツ風』という意味ももつので、ドイツでよく使われているザワークラウトやベーコンがたっぷり入ったサラダなので『ジャーマンポテトサラダ』なのでした。

Sponsored Link

ポテトサラダのアレンジ

コストコのジャーマンポテトサラダはまずいワケではありませんが、酸味が強いので好みが分かれる味です。

ちなみに子供は酸味が少し苦手でした。

消費期限も加工日を含め2日で短いので食べきるのは大変ですよね!?

もし余ってしまったときのアレンジレシピをお伝えしたいと思います。

ポテトサラダコロッケ

作り方は簡単です。

ハムにポテトサラダを挟み、小麦粉→とき卵→パン粉をつけて揚げるだけ。

酸味があるポテトサラダでしたが、揚げることで酸味が和らぎ食べやすくなりますよ♡

ポテトグラタン

残ったポテトサラダに適量の牛乳を入れてポテトサラダを少し伸ばし、お好みの硬さにします。

耐熱容器に入れて、チーズをトッピングして焼くだけ!

簡単ポテトグラタンの出来上がりです❤︎

 

おわりに

コストコのジャーマンポテトサラダはいかがでしたか?

ドイツの家庭料理のザワークラウトが入っているため、酸味の効いたポテトサラダなので好みが分かれる味です。

ザワークラウトには乳酸が入っているので、サラダを食べながら乳酸菌が摂れるのはうれしいですよね。

ポテトサラダで1000g超えだと、なかなかの量があり食べきれないこともありますが、アレンジもきくので気になった方は是非試してみてください~

 

おすすめ度:★★☆☆☆

 

 

Sponsored Link

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です