costco

【コストコ】メニセーズミニパンオーブン以外の焼き方はある?トースターでもおいしい!

Pocket

コストコで大人気商品となっているのが『メニセーズのミニ(プチ)パン』です。

大人気で入荷待ちのこともしばしばありましたが、最近では陳列されてい状態のミニパンを見かけることも多くなりました。

メニセーズのミニパンの人気のワケは、自宅で仕上げ焼きをしてから食べるので、焼きたての本格的なパンが食べられるということです!!!

パンが焼けるときのあの香りが最高ですよね~。幸せを感じます(笑)

そんな人気商品のメニセーズのミニパンですがオーブンで仕上げ焼きをするので、オーブンがない方は困っちゃいますよね?

そこで、今回はメニセーズのミニパンをトースターで美味しく焼く方法についてお伝えしていきたいと思います。

Sponsored Link

コストコのメニセーズミニパン

商品概要については、こちら

オーブン以外の焼き方はある?

トースター

オーブンは中の温度センサーで内部の温度を一定に保つ機能がありますが、トースターは内部ヒーターで温めているだけなので温度コントロールはしていません。

ヒーターがオン、オフになり内部の温度が高温になりすぎることはないですが、温度が一定に保たれない分温度管理が難しいです。

トースターで調理するときは、適宜焼き色をみて調整することで上手に焼くことが可能です!

焼き方

オーブンで焼くときは200~220℃で10~12分間焼きますが、トースターで焼く場合、220℃に設定してしまうと熱源(ヒーター)が近いため焦げる危険があります。

トースターで焼く場合200℃に設定し12~15分間焼くと焦げにくいです。

※アルミホイルを巻かなくて大丈夫です。

ただ、熱源が近く焦げやすため適宜焼き加減をチェックするようにしてください。

 

焦げるのが怖い方はアルミホイルを軽くのせて焼いてもOKです。最後にアルミホイルを外して焦げ目をつけるといい感じにやけますよ。

 

ワット数で温度調整する場合

トースターも色々なメーカーがありますが、ワット数表記のトースターもあって設定温度に困ることがありますよね?

調べてみたところ、ワット数と温度は以下になります。

色々なメーカーのトースターがあるのであくまでも目安になるのでご了承ください。

500W 約180℃
600W 約220℃
1000W 約230℃
1200W 約260℃

 

強・中・弱の温度切替の場合

三段階(強・中・弱)の温度切替のトースターでは具体的な温度がわからないため、こまめに焼き加減チェックが必要だと思います。

上下両方のヒーターを使用
上のヒーターのみ使用
下のヒーターのみ使用

 

三段階切り替えのトースターの場合は、電子レンジを組み合わせて焼くか、アルミホイルをのせて焼くと焦げにくいと思います!

ただ、アルミホイルで包むとホイルがパンに残ってしまうことがあるので、あまりおすすめはできないかも。。。

アルミホイルを剥がす時は要注意です!!!

フライパン用のアルミホイルを使うとくっつきにくいのでおすすめです。

電子レンジ+トースター

メニセーズミニパンに水をかけたら、ラップで包み電子レンジで温めます。

電子レンジで500W30秒程度温めます。

電子レンジで温めたら、230℃で(ワットだと1000W)5分程度焼きます。

三段階切り替えのトースターの場合は、強で焦げないように適宜チェックしてください。

フライパン

トースターがない方もいるかと思い、フライパンで焼いてみましたが。。。。

焦げないようにアルミホイルを巻いて挑戦してみたのですが、温度調整が難しく焦げてしまいました。

今後の課題になりますね。。。

フライパン調理はおすすめできませんでした。

Sponsored Link

一番美味しい焼き方は?

1位 オーブン

オーブンは温度調整が一定なので失敗しにくいうえに、外がカリッと、中はフワッとしていてとてもおいしいパンが焼けます。

予熱が必要だったり少し手間に感じる部分もありますが、オーブンがあるなら絶対にオーブン調理がおすすめです!!!

2位 トースタ

トースターは、内部の温度が一定には保たれないので適宜焼色の確認が必要になります。

焼き加減を確認する手間はありますが、上手に焼けると外はカリッとした美味しいパンが焼くことが可能です。

アルミホイルを巻いて焼いたら↓

追加で焼き色をつけると、更においしいです♪

アルミホイルを剥がすときにパンにくっつくことがあるので注意してください。

アルミホイルにオリーブオイルを薄く塗ると、くっつくのが予防できます。

3位 電子レンジ+トースター

温度調整が難しいトースターの場合、電子レンジを組み合わせることで簡単に調理ができます。

温度管理が難しいので、目を離さずに調理してください~

上手に焼けると、トースターと変わりないおいしいさに焼くことが可能です!!

4位フライパン

フライパン調理は、温度が上がりやすく温度調整も難しいためおすすめできません。

中はモッチとしていましたが、表面が焦げてしまい残念な結果になりました。。。

しかも、ピンとズレてるし(TдT)

おわりに

コストコで大人気商品のメニセーズミニパンで色々な焼き方を試してみましたがいかがでしたか??

オーブンだと少し手間だなと思っていましたが、やっぱりオーブンで焼くと失敗せず美味しく焼けるのでおすすめです。

トースターは焼き加減をチェックことがPOINTになりますが、適宜焼き加減を確認すれば焦がすことなく焼き上げることが可能です。

まだまだ、色々な焼き方に挑戦していこうと思っています。

おいしい焼き方を発見した際は、随時追記していきたいと思います。

 

 

 

Sponsored Link

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です