costco

コストコの鮭がおすすめ!鮭とトラウトの違いについても

Pocket

コストコの鮮魚はおいしいの?

量が多いので食べきれるか心配だから買ったことがない…

と思いスルーしてしまう方もいるかもしれませんが、コストコの鮮魚はすごいんです!

どれも大容量で、鮮度もいい!

今日はコストコの鮭(トラウト定塩)切り身についてご紹介します。

Sponsored Link

コストコの銀鮭

商品番号:94561

商品名:トラウト定塩切り身・甘口

値段:100gあたり149円(今回のものは1切れあたり210円)

原産国:チリ・養殖・解凍

保存方法:要冷蔵4℃以下

消費期限:加工日含め3日

コストコのトラウト定塩って?

そもそも、トラウトって何だ?って思いませんか?

トラウトって、サケ科ニジマス属に属する魚の総称でニジマスのことを指すようです。

 

ニジマスを海で養殖されたものを『トラウトサーモン』といい、

川で生まれ海で生活し、産卵のために再び川に戻ってくるような天然のものを『鮭(サーモン)』というようです。

 

色々な分類があるようなのですが、

鮭(サーモン)は天然物で生食はできないもの、トラウトサーモンは養殖物で生食が可能なもの

という分け方が一般的なようです。

 

以前、まつこの知らない世界でもやっていましたね( ´∀` )!

 

また、『トラウトサーモン』って日本で作られた造語らしいのです。

これまた知らなかった…

 

今回ご紹介しているお魚は、鮭ではなくニジマスって事になりますね(T∩︎T)

コストコのトラウト定塩を食べた感想!

コストコのトラウト定塩の見た目は?

まずは、見た目のボリュームから驚きです。

サイズも大きく、切り身が分厚いんですよ~!

見てください!!!この厚み!重さを図ってみました。

サイズはまちまちなので参考程度でお願いします。

コストコの鮭は1切れ約182gもあります!!!

このボリュームがすごいです。

 

近くのスーパーで売っている切り身は1切れ122円で、重さはというと…

スーパーの鮭は1切れの重さは79gで、コストコの鮭(トラウト)は約2倍以上の重さがありますね!

 

並べて比べてみると…

コストコのトラウトがいかに大きいことがわかります。

 

分かりづらいと思いますが…

 

これなら分かるかな?

厚みを見ていただけると分かると思いますが、コストコのトラウトは、しっかりとした厚みがあるのでおすすめです。

食べた感想

焼いてたべてみましたー

鮭の味はしっかりしていて、脂も適度にのっていて美味しいです。

切り身が厚みがあるので、身がしっかりたっぷりあります。

ボリュームも満点!食べ応えがあるし、味もおいしくて申し分ないですね(♡︎´艸`)

Sponsored Link

保存方法は?

保存は迷わず冷凍保存で!

切り身を1つずつラップでくるみます。そのまま保存容器に入れて冷凍保存します。

冷凍保存したものを食べるときは、解凍は自然解凍または電子レンジで解凍してから焼いて食べてくださいね~⸜( ´ ꒳ ` )⸝♡︎

おわりに

コストコのトラウト定塩はいかがでしたか?

コストコの鮮魚コーナーは、いいものたくさんあるのにスルーしがちではありませんか?

鮮魚は冷凍できるものも多いので、多少量が多くても冷凍保存すれば大丈夫です。

季節のものが入荷されていたりするので、気になった方は時々チェックしてみてくださいね!

おすすめ度:★★★★☆

 

Sponsored Link

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です